以前と違い、結婚とそれにまつわる風習、習慣は、ぐっとカジュアルになりました。結婚式の挙げ方、参加の仕方も、挙式する当事者の考え方ひとつで実にさまざまになり、こうすべきという一つのパターンではくくれないものになってきています。

しかし一方で、複雑なしきたりやマナーが定められ、残っている部分でもあります。また、地方によってもしきたりが大きく異なるところでもありますので、実際に参加する、挙式をする時には、周囲やアドバイザーなどに、よく確認をすることが必要となってくるでしょう。

ここでは一般的に言われているしきたりについて簡単に扱うこととします。まず「結納」ですが、これは婚姻により両家が親類となることを祝い、贈り物を納める、という意味があります。

関東風のやり方と関西風のやり方があり、関東では新郎側新婦側ともに同格の結納品を用意し、「取り交わす」ものとなります。新郎側から新婦側へ結納品を仲人が届けたあと、今度は新婦側から新郎側へ結納品を届けます。新郎側から届いた結納金の半分を、新婦側から返すことも行われます。

一方、関西風では、結納品は新郎側から新婦側へ一方的に「納める」もの。どちらのやり方ともに、現在は、仲人を立てない、両家同席のうえ簡略的に済ませる、そもそも結納をやらない、など様々なケースが見られます。

結婚式の招待状が届いたら、返信はなるべく早く。席次を決めたりする都合があるので、早めに出欠を連絡しましょう。欠席せざるを得なかった場合は祝電を打つなどしてお祝いの気持ちを表しましょう。

結婚式に参列する場合、和服の時は、正礼服は当事者、親族、媒酌人などが着用しますので、それより格下のものを。洋装の場合は、女性では、ウエディングドレスが白であることから白は避け、あくまで花嫁を主役にすることを忘れない程度の華やかさで。

また、ラメなどの入らない黒の服も、喪服を連想させるので避けましょう。男性は基本的にスーツで。

結婚祝いの品は結婚式の招待状をいただいてから、挙式に一週間前までに贈るものとされていますが、最近は、親族でなければ、結婚式当日に受付に持参というケースも多いようです。

結婚祝いのご祝儀を入れるご祝儀袋は、右肩に「のし」がついています。水引は、一般のご祝儀袋が五本のところ、結婚祝いは喜びが倍になるとのことで十本のものが正式。

結び方は、一度結んだらほどけない「結び切り」ものを選んで。繰り返しよいことがあるようにとの気持ちを込めた、蝶結びのご祝儀袋もありますが用途が違いますので、取り違えないようにくれぐれも気をつけて下さい。

お友達に贈るのなら、可愛いカジュアルなご祝儀袋でもよいですね。一方、仕事関係や目上の方など、格を必要とする時には、それなりのものを、選びましょう。デパートなどで相談しながら購入すると安心です。

表書きは「寿」や「御結婚御祝」。「結婚御祝」は四文字になるので嫌う人がいるかもしれませんので、使わないのが無難です。夫婦連名でお包みをする場合は、ひとり分の倍額より少し少なめにするのが一般的と言われています。