お中元やお歳暮は、以前ほど盛んには贈られなくなってきているようです。それでも、現在でも、時期になればデパートの催事場や通販などではお中元・お歳暮の特設を展開し、それなりの活況を見せている様子。

新たに社会人になった、もしくは家庭をもった、などすると、お中元やお歳暮の送り先も出てくることでしょう。そうでなくでも、もし日頃お世話になっている方が思い当たるなら、こういったものを送ってみてはいかがでしょうか。ご自分、もしくはパートナーの親御さんに、お送りする方もいらっしゃるようです。

現代風のお中元、お歳暮なら、いわゆるギフト品にこだわらず、カジュアルな、またはユニークなプレゼントをするのも一興。なにかのチケットや旅行などの贈り物も、喜ばれるかもしれません。

一方で、従来のかたちのお中元・お歳暮シーンが必要となる場面もあるのでは。そういう方のために、一般的なマナーをここであげておきましょう。

「中元」とは古くは七月十五日のこと。中国の道教での天神様の誕生日の一つでした。その日に供え物をするのが始まりで、それが、同じく七月十五日だった盂蘭盆(お盆)と重なり、お供えをしあったり、近所の人々同士で物品を交わしあったりする習慣と結びついて変化したのが、お世話になった方への挨拶としての「お中元」になったと言われています。

一方お歳暮は、新年に年神様にお供えするものを、本家などに持って行くものだったとされています。それが転じて、本家や家元など、つまり日頃お世話になっている方たちに品物を差し上げるという習慣になったのだとか。

お中元お歳暮ともに、庶民の習慣になったのは江戸時代だそうです。お中元、お歳暮ともに、以前は持参して相手方を訪問するものでしたが、今はほぼ、配達するものとなっているようです。現在の、お贈りする時期としては、お中元は七月初旬から中旬まで。お歳暮は十二月中旬から下旬までの間です。

贈る品については、頭を悩ませるところです。やはり人気は食料品で、当たり外れが少なく、ほぼ確実に消費されて後に残らず、喜ばれるところが好まれているようです。

受取り手の使い勝手を考え、商品券などを贈ることも増え、実際にいただくことを好む人も多いようですが、一方で、金額があからさまにわかるのを嫌う人や、やや殺風景な印象を避けたく思う人もいるようですので、差し上げる相手のことをよく考えて選びましょう。

目上の方に商品券を差し上げる、年配の方に肌着をお贈りするのは失礼にあたるという考え方もあるようですので気をつけておきましょう。

他のしきたりや風習と同じく、お中元やお歳暮にも、その時期などに地域差がありますので、そのあたりのことも周囲に確認しておきましょう。

万一お贈りする時期を逃してしまった時は、お中元の場合は、立秋までは「暑中見舞い」、立秋を過ぎると「残暑見舞い」としてお贈りします。お歳暮の場合は、十二月三十一日に届かないようなら「お年賀」、松の内も過ぎてしまうようなら「寒中御見舞」とするようです。