初詣を始めとして、神社に詣る日は何度かあるでしょう。また、観光としてその土地を訪れ、有名な神社にお参りすることもあるでしょうし、あるいは地元の神社にふと立ち寄ることもあるかもしれません。あるいは通勤時や近所の神社で、手を合わせるのを日課にしている人も時折見掛けます。

神社は神様のいらっしゃるところ。そこで日頃の感謝の気持ちを述べるとともに、お願いごとをするのであれば、「正しい」お詣りをしたいものです。そうであってこそ、神様にも喜んでいただけ、より神様とのご縁が深くなるというものでしょう。

ここではごく一般的な、神様へのお参りに仕方をご紹介しようと思います。神社に詣る時はまず鳥居をくぐりますが、ここで一礼して入りましょう。参道は、真ん中を歩かないようにしましょう。参道の真ん中は「神様の通るところ」とされています。

神前に出る時は本来「禊(みそぎ)」をして身を浄めるものなのですが、実際はそれも難しいので、そのために手水舍(てみずや)で手と口を浄めます。本殿に入る前に、お水が溜めてあり、柄杓が並べてある場所がありますがそこが「手水舍」です。

浄め方にも順番があり、最初は右手で柄杓を持って左手を洗います。次は左手に柄杓を持って右手を洗います。また右手に柄杓を持って左手に水をため、それで口をすすいだあと、柄杓を縦にして、柄杓に残ったお水を柄杓の柄に伝わせて洗い、戻します。口をすすぐ時にくれぐれも柄杓に直接口をつけないで下さいね。

本殿の前に立ったらまずは軽く一礼。そのあとお賽銭を入れ、鈴を鳴らします。この順序を逆にしている説もあり、このあたりは比較的厳密な決まりはないようです。お賽銭は投げたりせず、丁寧に入れましょう。

また、鈴を鳴らすのは神様に、ここにおりますとお知らせするため。あんまりがんがん鳴らすのは考えものですが、はっきりお知らせできるように力強く鳴らしましょう。

お参りの方法は、一般的には「二礼二柏手一礼」です。二回深くお辞儀をし、二回柏手(かしわで)をうって、手を合わせてお祈りをします。そのあと一度深くお辞儀をして、参拝を終えます。

このお参りの仕方は神社ごとに異なる場合があります。本殿のそばに但し書きやお参りに仕方を掲げてあることがあるので、注意しておきましょう。有名なところでは、出雲大社は「二礼四柏手一礼」でお参りします。

おみくじを引いたあと、必ずくくりつけて帰る人がいますが、おみくじをくくるのは厄を祓うため。よいおみくじを引いた時には結んでくる必要はありません。

また、間違っても神社の木にくくりつけたりしないように!木を痛めてしまいます。くくる場合は、必ずそのための設備がありますので、そこに結びましょう。神域の(だけに限りませんが)木を痛めるような人のお願いごとが叶えていただけるはずはありませんね。

おみくじは神様からのメッセージ。意に添わないものが出たからと言って何回も引き直すのはよくありません。それはそれとしてちゃんと受け止め、生かしていけばよいものです。

また、神社ではあまり騒がずあくまで静かに。何と言っても神様のいらっしゃる場所ですので、我が物顔の振舞いは避け、謙虚にお参りしましょう。