結婚式は「大安」の日を選ぶ、お葬式は「友引」の日にはしない、今日は「仏滅」なので慶事は避ける・・・など身近でよく言われる「大安」や「仏滅」など。この頃ではあまり気にしないものかもしれませんが、世間では時々耳にしますね。

気にしない人や世代も多い一方、気にしている人は気にしているものなのが「お日柄」ですが、ではこの「大安」や「仏滅」などは、そもそも一体何なのでしょうか?

実はこれらの日は「六曜(ろくよう)」と呼ばれ、古い中国で定められたものです。しかし発生の時期などについては詳しいことはわかっておらず、諸説が飛び交っている状態のようです。

迷信の類いと考えられ、明治時代には一旦禁止にさえなりましたが、それでも絶えることはなく、先に書いたように一般社会にはまだ根付いているもののようです。「六輝(ろっき)」「宿曜(すくよう)」と呼ばれることもあります。

「六曜」はその名のとおり、六種類の日があります。「先勝」「友引」「先負」「仏滅」「大安」「赤口(しゃっこう)」の六種です。

「先勝」は「先んずれば勝つ」の意味で、万事に急ぐことが吉とされ、午前中が吉、午後は凶と言われます。「友引」は「凶事に友を引く」という意味で、勝負事はなんでも引き分けになる日と言われています。朝が吉、昼は凶、夕方は大吉だとか。

この日にお葬式を出すと、「友を引く(連れて行く)」と俗にいわれるため、お葬式や火葬を行わないことが広くあります。一方、「幸せをお裾分けする」と捉える人もおり、慶事に利用されることもあるそうです。

「先負」は勝負事急用を行わない日。「先んずれば負ける」の意味だということです。午前中は凶、午後は吉。「仏滅」は「仏も滅するような大凶日」とのことですが、六曜は仏教とは本来関係がないありません。

「物滅」が「仏滅」に変化したという説もあります。しかし、「物が滅して新しく始まる」との解釈のもと、新しいことを始めるには適しているとする場合もあります。

「大安」は「大いに安し」の意味。なにごとにおいても吉の日で、特に婚礼などの慶事はこの日に行うことが多いです。「赤口」は「しゃっく」などとも呼ばれ、「万事に用いない凶日」とのこと。「ただし法事、正午だけは良い」と言われます。

実は「仏滅」よりも凶日とされ、六曜中一番の凶日です。「赤」という字がつくとおり、「火」や「血」に関することに警戒が必要で、「火の元」や「刃物(怪我)」には特に注意すべき日と言われます。

「六曜」ではないのですが、「注意すべき」と言われている日に「三隣亡(さんりんぼう)」があります。これは月に一度巡ってくるのですが、「建築関係の大凶日」とされ、棟上げなど建築関係のことはやらない日となっていました。

文字通り「三軒先まで亡くす」と言われるためですが、もとは「三輪宝」と書き、逆に吉日だったとする説もあります。この慣習については由来も始まった時期も一切不明ですが、江戸時代からではないかとされています。