お母さんのお腹に赤ちゃんが宿った、と知った時から、大事にすくすく育って無事に生まれ、それからは健やかな成長、しあわせな一生を願う・・・尽きない愛情と望みと祈りの日々が続きます。

そんな周囲の思いを表すように、妊娠、出産にはさまざまな行事やしきたりが存在します。あまりしきたりなどには気を遣わなくなった現代ですが、ひとつひとつの行事を大切にこなしていくということが、いとしい存在をみんなで大事に育むという気持ちの、表現となるのかもしれません。

ここでは、そんな、お祈りのような行事やしきたりについて、少し取り上げてみたいと思います。まずは妊娠五ヶ月目の「戌の日」に「帯祝い」を行います。この日には妊婦さんが「岩田帯」と呼ばれる腹帯を巻いて、安産をお祈りします。戌は安産多産なので、それにあやかり「戌の日」にこの行事を行うようになったとか。

「岩田帯」は妊婦さんの実家が贈るもの、とされていましたが、最近はそれほどこだわりません。また、帯であることにもこだわらず、ガードルやコルセットのような、動きやすいものを選ぶ人も増えているようです。

これは「戌の日にちなみ」というだけでなく、実際にその時期に腹帯をするというのは、赤ちゃんの位置を安定させて発育を助けるのに役に立つのだそうです。

出産を待つ間に安産祈願の神社に参ったり、またはそうした神社のお守りなどを贈ったりするのはよくあることですね。安産祈願の神社は日本中にたくさんあります。インターネットで調べればすぐにお近くの神社や有名神社を探すことができます。

さて無事に赤ちゃんが生まれたら今度は「お七夜」です。赤ちゃんがうまれてから七日目のことで、この日に命名式をすることが多いようです。昔は生まれてすぐの赤ちゃんが必ずしも育ちきるとは限らず、生後七日が経てばまずは一安心と見なされて、この頃お祝いをしたもののようです。

以前は産後一か月を目処に「床上げ」と言って、それ以降、出産を終えたお母さんも徐々に家事仕事などに復帰するとされていましたが、現在では特に「床上げ」にはこだわらず、医師の助言などに基づいて、徐々に通常生活に戻していきます。

へその緒は、最近は病院で片付けられてしまうことが多いようですが、希望するようでしたら看護士さんなどにお願いしておきましょう。赤ちゃんがおなかにいる時からはえている髪の毛(胎毛)を使って、筆を作り、それを大切にしておく風習もあります。

生後百日頃に「お食い初め」をします。これは、赤ちゃんが一生食べ物に困らないように、と、赤ちゃんにお箸でものを食べさせる真似をする儀式です。

そして生まれて一年が経った「初誕生日」には「選び取り」の儀式をするところもあります。赤ちゃんの前にそろばん、筆、お財布などを並べ、どれを選んだかで、その子供の才能や将来を占うものです。

最近では伝統的な「筆」などの他に、サッカーや野球のボール、辞書などさまざまなものを置いて、将来を占ったり、才能が開くのを祈ったりするようです。

生まれて初めての「桃の節句」や「端午の節句」を「初節句」として迎え、三歳になると、十一月には「七五三」のお参りに神社に詣でます。