Page 2 of 5

大安とか仏滅とか意外と大事。六曜について知っておこう

結婚式は「大安」の日を選ぶ、お葬式は「友引」の日にはしない、今日は「仏滅」なので慶事は避ける・・・など身近でよく言われる「大安」や「仏滅」など。この頃ではあまり気にしないものかもしれませんが、世間では時々耳にしますね。

気にしない人や世代も多い一方、気にしている人は気にしているものなのが「お日柄」ですが、ではこの「大安」や「仏滅」などは、そもそも一体何なのでしょうか?

実はこれらの日は「六曜(ろくよう)」と呼ばれ、古い中国で定められたものです。しかし発生の時期などについては詳しいことはわかっておらず、諸説が飛び交っている状態のようです。

迷信の類いと考えられ、明治時代には一旦禁止にさえなりましたが、それでも絶えることはなく、先に書いたように一般社会にはまだ根付いているもののようです。「六輝(ろっき)」「宿曜(すくよう)」と呼ばれることもあります。

「六曜」はその名のとおり、六種類の日があります。「先勝」「友引」「先負」「仏滅」「大安」「赤口(しゃっこう)」の六種です。

「先勝」は「先んずれば勝つ」の意味で、万事に急ぐことが吉とされ、午前中が吉、午後は凶と言われます。「友引」は「凶事に友を引く」という意味で、勝負事はなんでも引き分けになる日と言われています。朝が吉、昼は凶、夕方は大吉だとか。

この日にお葬式を出すと、「友を引く(連れて行く)」と俗にいわれるため、お葬式や火葬を行わないことが広くあります。一方、「幸せをお裾分けする」と捉える人もおり、慶事に利用されることもあるそうです。

「先負」は勝負事急用を行わない日。「先んずれば負ける」の意味だということです。午前中は凶、午後は吉。「仏滅」は「仏も滅するような大凶日」とのことですが、六曜は仏教とは本来関係がないありません。

「物滅」が「仏滅」に変化したという説もあります。しかし、「物が滅して新しく始まる」との解釈のもと、新しいことを始めるには適しているとする場合もあります。

「大安」は「大いに安し」の意味。なにごとにおいても吉の日で、特に婚礼などの慶事はこの日に行うことが多いです。「赤口」は「しゃっく」などとも呼ばれ、「万事に用いない凶日」とのこと。「ただし法事、正午だけは良い」と言われます。

実は「仏滅」よりも凶日とされ、六曜中一番の凶日です。「赤」という字がつくとおり、「火」や「血」に関することに警戒が必要で、「火の元」や「刃物(怪我)」には特に注意すべき日と言われます。

「六曜」ではないのですが、「注意すべき」と言われている日に「三隣亡(さんりんぼう)」があります。これは月に一度巡ってくるのですが、「建築関係の大凶日」とされ、棟上げなど建築関係のことはやらない日となっていました。

文字通り「三軒先まで亡くす」と言われるためですが、もとは「三輪宝」と書き、逆に吉日だったとする説もあります。この慣習については由来も始まった時期も一切不明ですが、江戸時代からではないかとされています。

たまに聞くけどこれって何?いろんな節句、雑節について

日本では、特に農業を主として営んだ関係でしょうか、いわゆる「節句」などの他に、季節の変わり目を把握し生かすための節目になる日がいくつか設けられており、これを「雑節(ざっせつ)」と言います。

一般に「雑節」と呼ばれるものには九種類あり、「節分」「彼岸」「社日」「八十八夜」「入梅」「半夏生」「土用」「二百十日」「二百二十日」がそれに当たります。

「節分」は「季節を分ける」という意味で、春夏秋冬全てにありますが、現在は「春の節分」のみが広く知られています。「節分」とは「立春・立夏・立秋・立冬」の前日のこと。この日を境に季節が変わるという意味ですね。

「彼岸」は春と秋にあります。「立春(または立秋)」を挟んだ七日間のことで、お墓参りなどをします。これは、立春と立秋には、太陽が真東から上って真西に沈むため、東にある「この世」と西にある「あの世」の距離が近くなると考えられるためです。

「社日(しゃにち)」も春と秋の二回あります。春を「春社(しゅんしゃ、はるしゃ)」、秋を「秋社(しゅうしゃ、あきしゃ)」と呼び、産土神(生まれた土地の守護神)にお参りをします。春には豊作祈願、秋には収穫感謝をすると言われ、春分もしくは秋分の日に最も近い「戊」の日がそれに当たります。

歌でも有名な「八十八夜」は立春から数えて八十八日目のこと。遅霜が発生する時期のため、農作物に被害が出ないように特に注意を促すため定められていると言われています。この日に摘んだお茶は上等とされるとともに、この日にお茶を飲むと長生きするという言い伝えもあります。

「入梅」は「梅雨入り」のこと。田植えの時期に関係していました。「半夏生(はんげしょう)」は「半夏」という薬草が生える頃という意味で、現在は七月二日頃にあたります。以前はこの日までに畑仕事や田植えを終えるとされていました。この日から数日を休みにするなど、さまざまな風習、行事が各地に存在するようです。

「土用」は、これは現在では「夏の土用(にうなぎを食べる)」が有名ですが、こちらも年に四回あります。「立夏・立秋・立冬・立春)」それぞれの直前十八日間のこと。

「土用の丑の日」というのは、その期間中の「丑の日」という意味なのですね。この期間は「土の気」が強くなるとされ、穴掘りや殺生をしないという考え方がありました。

「二百十日」は立春から二百十日目のことです。日付としてはだいたい九月一日頃となります。この日には台風が多いとされて、農家には要注意の日でしたが、実際はこの頃台風が多いという事実はないそうです。

「二百二十日」は立春から数えて二百二十日目のこと。これも天候が荒れると言われて農家の「厄日」でしたが、実際に台風が来るのはむしろこの日の方が確率が高く、警戒するならこちらの方が必要なようですが、「二百十日」の方が有名ですね。

ちなみに、「農家の三大厄日」というものがあり、「八朔(八月一日)」、「二百十日」、「二百二十日」の三日がそれに当たるそうです。

知識の豊富なできる人、と言われるかも。年中行事に関するまとめ

日本には、季節を楽しみ生活に潤いを与える、また、禍いを避け、幸いを祈る年中行事がたくさんあります。それをここではいくつか紹介します。

一月一日「元日」を過ごしたあとは、一月七日には、「七草粥」を食べます。春の七草と言われる「せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ」の七種を入れたかゆのこと。最近は七草かゆセットとして、スーパーやデパートでも売られています。無病息災を祈る行事です。

一月十一日は「鏡開き」。お正月に飾っていた鏡餅を割っていただきます。お餅はたいてい堅くなっているので、汁粉やぜんざいにすることが多いです。二月三日は「節分」。節分とは季節を分ける、という意味で、翌二月四日頃が立春に当たり、そこから「春」になります。禍いを避け、福を呼ぶ込むために、「豆まき」の行事を行います。

三月三日は「桃の節句」。ひな祭りですね。三月の中旬には「お彼岸」があり、お墓参りをして故人や先祖を偲びます。四月八日は「花祭り」。仏様の誕生日と言われており、仏像に甘茶をかけたり、甘茶をいただいたりします。

五月二日頃には「八十八夜」となります。まさに「夏も近づく」頃。この日にお茶を飲むと長生きするとも言われます。五月五日は「端午の節句」。男の子の健康や出世を願う節句でしたが、現在は「子供の日」として、男女の別なくその成長を祈ります。

六月一日は「衣替え」。昔は宮中行事でした。六月末日は「夏越(なごし)の祓え」。これは半年に一度、罪や穢れを祓う行事で、神社で行われます。神職が祝詞をあげ、参拝者は、大きな茅で作った輪をくぐる「茅の輪くぐり」をして、身を浄めます。

七月七日は「七夕」ですね。織り姫と彦星のお話が有名ですが、笹の葉に願い事を書いた短冊を吊るしてお願いをします。芸事の上達を願う節句ともされています。

七月下旬から八月上旬には「夏の土用」となり、この日にうなぎを食べると夏バテしないとされて(これは平賀源内のよる、販促コピーだったと言われていますが)います。土用というのは季節ごとにあり、季節の変わり目を指しますが、現在は「夏の土用」だけが一般に知られていますね。

八月十三日から、「お盆」の行事を行う地方が多いです。「お盆」は、故人の霊が各家庭に帰ってくると言われ、それをお迎えし、もてなして、供物を捧げてお送りします。

九月九日は「重陽の節句」。「菊の節句」とも言われており、邪気を祓い、長寿をお祈りするとされています。九月二十三日前後には「秋のお彼岸」。

九月中旬から下旬には「中秋の名月」という、その年で一番美しい満月が見られることから、「お月見」をします。月見団子の他に、お芋などの農作物をお供えし、その年の収穫に感謝することもあります。

十月一日はふたたび「衣替え」となります。十一月十五日は「七五三」で、該当する年齢の子供たちが、晴れ着を来て神社にお参りします。

十二月三十一日「大晦日」には「大祓(おおはらえ)」が行われます。これは六月の「夏越の祓え」とセットになっているもの。一年の穢れを祓うべく、神職が「大祓」の祝詞をあげます。人の形をした小さな紙「形代」に穢れを移し、焚き上げておはらいをすることも行われるようです。

見られていますよ、その食べ方。和食に関するマナー・しきたり

「食べたあとの皿にその人が出る」とは西洋料理で言われる言葉ですが、和食の場合もそうでしょう。食べたあとのお膳がどのようなものかということは、その人自身を映す鏡のようなものです。

食べたあとのみならず、「食べ方」を見ればその人がとてもよくわかります。普段は意識しなくても良いのかもしれませんが、大切な場面で、見る人はあなたの食べ方を見て、いろいろな印象を受けているかもしれません。

特にフォーマルな場面、重要な席、意識の高い人(往々にして立場が上な人が多いです)はそんなところを見ているもの。「残念な食べ方」をすれば、その他のパフォーマンスがいくらよくてもちょっと評価を下げられてしまうかもしれません。

反対に「きちんとした食べ方」をしていれば、好評価が得られ、他と差をつけるチャンスになることでしょう。また、マナーをある程度つかんでおけば、どんな場所に出たとしても、自信をもって振る舞えますね。

特にお箸を使う、和食の席では要注意です。今は日本人の洋食化がかなり進んだとはいえ、基本的に和食の席の食べ方は「普段の食べ方」を反映していると思われるから。素が見えるというのでしょうか。

ですのでまず、気をつけておきたいのは「お箸の持ち方」です。著名な人たちが、新人などの箸の持ち方をひそかにチェックしていてその人を評価しているというのは時々聞く話です。小さい頃ついてしまったクセがあるかもしれませんが、できるだけ直しておきましょう。

また、箸の持ち方が極端に「間違って」いると、食事中の姿勢にも影響します。和食では、上半身はあまりかがめずに食べます。口を食器に近づけるのは「犬食い」と言って嫌われることのひとつ。しかしお箸をうまく使えていないと、この「犬食い」に近い姿勢になりがちなのです。

お箸と言えば、割り箸の割り方についてはたまに話題になりますね。正しいマナーとしては、箸を横向きに持って、上下に引いて割ります。割ったあと、二本の箸をこすり合わせるのはあらたまった席ではやめておきましょう。

和食では器は基本、手に持っていただきます。お茶碗、小鉢、吸い物椀、小皿など小さなものは必ずそうしますが、一方、あまり大きな物は手に持ちません。たとえば大皿、焼き魚、お刺身などのお皿は逆に手に持たないこと。

そういったものに乗ったお料理は、お箸で食べられる大きさに取って、いただきます。しかし自分から遠くにある料理に対し、箸を伸ばすことはしません。その時は器を両手で持って自分に寄せ、いただく分だけ箸で取り分けて、必要があれば器を戻します。

お椀のふたは、右手で開けて、蓋をひっくり返して右側に置きます。ふたが開けにくい時は、器をちょっと、たゆませるように一度きゅっとはさんで、蓋と器の間に空気を入れてみましょう。蓋と器に隙間ができて、うまく蓋が外れることが多いです。

蓋を外す時は、しずくが垂れないように注意。垂れそうになったら、すっかり外しきってしまう前にちょっと待ちましょう。

お箸使いには、やってはいけないとされることがいくつかあります。たとえば、料理に箸を伸ばしたのに、途中でやめて他の料理にする「迷い箸」、料理の中を箸でさぐって好きな物だけをよりわける「さぐり箸」。

また、箸で器をよせる「寄せ箸」や器の上に箸を渡しておく「渡し箸」などもそうです。ついやってしまう動作も多いので、普段から特に気をつけておきましょう。