年が改まるお正月。今年も良い年になるように、新年は清々しく迎えてよい年の始めを過ごしたいものですね。お正月の過ごし方、準備の仕方などについては各地方でとても特色があるもの。自分の住む地域の習慣を、「一般的」と言われるものと比べてみるのも、面白いかもしれません。

お正月といえばいろいろなお正月飾りがありますね。代表的なものでは「鏡餅」「門松」「しめ縄」が挙げられます。また、女の子のいる家庭では、羽子板飾りをお正月に飾るところもあります。

「鏡餅」をなぜ「鏡」というのかと言うと、「三種の神器」のひとつである「鏡」に形が似ているから。昔の鏡は丸いもので、神事などに使われていたのです。

「三種の神器」は「鏡」「勾玉」「剣」ですが、「鏡」にあたるのが「鏡餅」、「勾玉」に見立てたのが「橙(最近はミカンなどで代用することが多いようです)」、「剣」に見立てたのが「串柿」で、通常はこの三つはセットで飾られます。つまり三種の神器をお正月に家庭内にお祀りするということなのです。

「門松」は家の門や玄関の前などに一対で立てるもので、年神さまを家にお迎えするために立てています。神様は木に降りてくる、木に宿る、と考えられているので、神様に来ていただくために、家の前に「松の木」を立てるのですね。門松と言えば竹が目立ちますが、その本体は「松」なのです。

「しめ縄」も、家に年神さまをお迎えするための準備です。これらを飾る日として、十二月二十八日が好まれていますが、これは「八」の数字が「末広がり」で縁起がいいとされるから。二十九日は「九(苦)」がつくので嫌うむきもあり、また、三十一日に飾るのは「一夜飾り」と言って、お迎えする神様に失礼であるとされているようです。

一方これらを飾っておくのは一月七日か一月十五日まで。この期間を「松の内」と呼びます。一月十一日には「鏡開き」と言って、鏡餅を割って食する習慣も行われています。この時のお持ちはすでに固くなっているので、汁粉やぜんざいにすることが多いようです。

お正月には「おせち料理」をいただきますが、この「おせち」という言葉は「御節供(おせちく)」の略。昔は五回あった「節句」ごとにいただく料理でしたが、今はお正月のみが「おせち」として残っています。

おせち料理の内容は地域、家庭ごとにさまざまですが、主に、縁起ものを盛り込むことが多いようです。最近は洋食やスイーツのおせちも人気のようです。

そしてお正月には「初詣」に出掛けます。遅くても一月七日までを目安に詣りましょう。二年にまたがってお参りをする「二年詣り」というお参りの仕方もあります。これは、深夜零時前から参り、そのまま年を越すやり方と、零時前に一度、零時を過ぎてからもう一度参るやり方とがあります。

また、西日本では「三社参り」と言って、初詣を三カ所の神社にするという風習もあります。この「三社参り」の起源については、あまりはっきりしたことがわかっていないようです。

今ではあまり行われていないようですが、「書き初め」の習慣というものもあります。その年初めての毛筆書のことで、一年の目標や豊富を書にするというものです。毛筆とは行かなくても、新しい一年の決意や展望などを書き出しておくと、目標や夢を達成しやすくなるでしょう。