一月、二月と月の名前に、「和風月名」というものがあるのをご存知でしょうか。「和風月名」という言葉は知らなくても、「弥生」や「皐月」という言葉にはなじみがあることでしょう。

十二ヶ月の月の名前には、旧暦での呼び方、昔の呼び方が存在し、現在でもそれは場面に応じて使用されています。文学始め、古典に限らず、本を読んでいれば出て来る言葉かもしれませんし、人の名前になっていることもあります。

こうした呼び名をすらすらと言えるようになっているのも、日本人のたしなみでしょう。また、海外の方に日本のことを話す時の材料にもなります。

「和風月名」は、一月から順に、「睦月」「如月」「弥生」「卯月」「皐月」「水無月」「文月」「葉月」「長月」「神無月」「霜月」「師走」といいます。そのそれぞれに、言葉の意味というものが伝わっています。

「睦月」は人が集まり、睦み合う(親しくする)というもの。お正月などに親類縁者やお付き合いのある方々が集うことからも来ているという説もあります。「如月」は「衣更着」から来ているとも言われ、衣(きぬ)を更に着るほど寒いという意味だとか。

「弥生」は「いやおい」から変化したもの。「いや」は「ますます」「その上に」の意味、「おい」は「生い茂る」の意味で、草木が芽吹き、ますます生い茂るようになる月という意味です。

「卯月」は「卯の花」が咲く頃であるためそう名付けられたと言われています。「皐月」は「早苗を植える月」から「さつき」になったと言われています。また、耕作のことを指す「さ」という古い言葉から「さつき」なったともされ、どちらにせよ稲作と深い関わりがあります。

「水無月」は「水の無い月」ではなくむしろその反対で、「水の月」という意味。古くは「の」と同じ意味で「な」を使っていたので、そう呼ばれていたとされています。田んぼに水を引く時期である頃から、「水の月」と称されるようになったようです。

「文月」は「ふづき」とも「ふみづき」とも読まれます。七夕に、短冊に字を書いて書道が上手くなるようにと願っていたことにちなみ、「文披月(ふみひらきづき)」と呼ばれていたことから来ているそうです。

他にも、七夕には書を風に当てて干す風習があったためとも、また、稲穂のふくらみを見る「穂見月(ほみづき)」から来ているとも言われています。

「葉月」は「葉の落ちる月」から来ているという説(旧暦の八月は新暦の九月上旬に当たるため)、稲の穂が張る月である「穂張り月」から来ている説などがあります。「長月」は「夜がだんだん長くなる」という「夜長月」の意味であると言われます。

「神無月」は「水無月」とおなじく「神の月」の意味とする説がありますが、その他に有名なものが、この月には日本中の神様が出雲に集まるため「神無月」と言われるようになったという説です。このため、出雲地方だけは、十月を「神有月」「神在月(かみありづき)」と言うそうです。

「霜月」は「霜降り月」。霜が降りるようになる月のこと。「師走」は、「師(お坊さん)」が走る月とされ、お経をあげる為にあちこちを走る回るとする説や、普段けして慌てたり走ったりしないお坊さんでさえ走り出すほど慌ただしい月であるから、とする説などがあります。