「食べたあとの皿にその人が出る」とは西洋料理で言われる言葉ですが、和食の場合もそうでしょう。食べたあとのお膳がどのようなものかということは、その人自身を映す鏡のようなものです。

食べたあとのみならず、「食べ方」を見ればその人がとてもよくわかります。普段は意識しなくても良いのかもしれませんが、大切な場面で、見る人はあなたの食べ方を見て、いろいろな印象を受けているかもしれません。

特にフォーマルな場面、重要な席、意識の高い人(往々にして立場が上な人が多いです)はそんなところを見ているもの。「残念な食べ方」をすれば、その他のパフォーマンスがいくらよくてもちょっと評価を下げられてしまうかもしれません。

反対に「きちんとした食べ方」をしていれば、好評価が得られ、他と差をつけるチャンスになることでしょう。また、マナーをある程度つかんでおけば、どんな場所に出たとしても、自信をもって振る舞えますね。

特にお箸を使う、和食の席では要注意です。今は日本人の洋食化がかなり進んだとはいえ、基本的に和食の席の食べ方は「普段の食べ方」を反映していると思われるから。素が見えるというのでしょうか。

ですのでまず、気をつけておきたいのは「お箸の持ち方」です。著名な人たちが、新人などの箸の持ち方をひそかにチェックしていてその人を評価しているというのは時々聞く話です。小さい頃ついてしまったクセがあるかもしれませんが、できるだけ直しておきましょう。

また、箸の持ち方が極端に「間違って」いると、食事中の姿勢にも影響します。和食では、上半身はあまりかがめずに食べます。口を食器に近づけるのは「犬食い」と言って嫌われることのひとつ。しかしお箸をうまく使えていないと、この「犬食い」に近い姿勢になりがちなのです。

お箸と言えば、割り箸の割り方についてはたまに話題になりますね。正しいマナーとしては、箸を横向きに持って、上下に引いて割ります。割ったあと、二本の箸をこすり合わせるのはあらたまった席ではやめておきましょう。

和食では器は基本、手に持っていただきます。お茶碗、小鉢、吸い物椀、小皿など小さなものは必ずそうしますが、一方、あまり大きな物は手に持ちません。たとえば大皿、焼き魚、お刺身などのお皿は逆に手に持たないこと。

そういったものに乗ったお料理は、お箸で食べられる大きさに取って、いただきます。しかし自分から遠くにある料理に対し、箸を伸ばすことはしません。その時は器を両手で持って自分に寄せ、いただく分だけ箸で取り分けて、必要があれば器を戻します。

お椀のふたは、右手で開けて、蓋をひっくり返して右側に置きます。ふたが開けにくい時は、器をちょっと、たゆませるように一度きゅっとはさんで、蓋と器の間に空気を入れてみましょう。蓋と器に隙間ができて、うまく蓋が外れることが多いです。

蓋を外す時は、しずくが垂れないように注意。垂れそうになったら、すっかり外しきってしまう前にちょっと待ちましょう。

お箸使いには、やってはいけないとされることがいくつかあります。たとえば、料理に箸を伸ばしたのに、途中でやめて他の料理にする「迷い箸」、料理の中を箸でさぐって好きな物だけをよりわける「さぐり箸」。

また、箸で器をよせる「寄せ箸」や器の上に箸を渡しておく「渡し箸」などもそうです。ついやってしまう動作も多いので、普段から特に気をつけておきましょう。