不幸の知らせは突然にやって来るもの。悲しい知らせに混乱しながらも、故人をりっぱに弔うために、その瞬間から、ひととおりのことは行わなくてはいけません。

また、身近でそういうことが起こった時に、悲しみに沈んでいる家族の方などのために、手助けになれれば良いですね。できれば考えたくはないですが、いざという時のための備えはやっぱり大切です。一通りの知識はそなえておきましょう。

とはいえ、葬儀のやり方は、個人の思想や宗教、地域などによって本当に千差万別。また、結婚式などと同様、今までとは異なったやり方や、簡略化などの動きも進んでいます。最大限、故人や家族の意向に沿うかたちで、満足いく葬儀を執り行うのが一番と言えるでしょう。

従来の葬儀の流れとしては、亡くなった当日に納棺、当日か翌日に通夜、その翌日に葬儀と告別式というものが一般的です。間に友引の日が入ると、友引には故人が友人を連れていくという迷信があるため、仮通夜などを挟んで日取りをずらすこともあります。

納棺は遺体に死装束などをまとわせ、死出の準備を整えてお棺に安置すること。白い装束に手甲、脚絆を付け、三途の川の渡し賃と言われる六文銭を入れた頭陀袋をかけてあげることが多いようです(仏教式の場合)。

通夜はもともとは、故人を悼み、また、なくなった方に悪い霊が取り付かないように、家族や親戚、知人などが夜を徹して故人を囲み席を設けることを指しました。

しかし現在は、通夜の法要(僧侶による読経、法話など)のあと「通夜ぶるまい」を行って参加者をもてなしたあと、家族や親族だけが残って、一晩中、祭壇の線香や灯りが絶えないように番をします。

開けて次の日が葬儀となります。また、告別式も葬儀に引き続き行うことが多くなっています。告別式というのは会葬者が故人と最後のお別れをする場のことです。

葬儀が宗教的なものとすれば、告別式はもっと社会的、社交的なものと言えるでしょう。会葬者のお別れが済んだあと、出棺となり、家族や親族が火葬場まで故人に付き添うこととなります。

もし不幸の知らせを受けて通夜に出向く時の服装は、黒が基本。しかし通夜の場合は、地味な服装であればよしとされています。

一方、葬儀に参列する時は略式の喪服(ブラックスーツ、ブラックフォーマルなど)を着用します。もし正式の喪服(モーニングや和装など)を持っていたとしても、それは遺族が着るものなので、参列者は略式で出席します。

お香典に使うお札は折り目のついた古いものを。新札を使うと、「前もって用意していた」という意味になってしまいます。

香典袋には不祝儀用の袋を使い、薄墨色の筆記用具で表書きをします。全ての宗教、宗派で使える表書きが「御霊前」ですので、何と書いてよいか迷った時にはそう書くのがよいでしょう。

焼香のやり方は、本来は宗派などで細かく定められているようですが、そうこだわらないことが多いようです。焼香の回数や、額におしいただく身振りなどは、周りの方のやり方を参考にしましょう。

やり方について、司会から指示がある場合はそれに従って。焼香はかたちよりまず故人を想ってやることが大切です。その気持ちをこめて丁寧にやれば、何の問題もないものです。