故人との繋がりを思い起こす期間が日本には大きく二つあります。「お彼岸」と「お盆」です。この日にはお墓参りをしたり、親戚が集まって会食をし、故人や先祖を偲んだり祭ったりします。

「お彼岸」は春と秋の年二回、巡ってきます。春のお彼岸は、春分の日(三月二十一日頃)を中心とした七日間のこと。秋のお彼岸は秋分の日(九月二十三日頃)を中心とした七日間のことです。

お彼岸の初日を「彼岸の入り」、期間の中心である春分の日や秋分の日のことを「中日(なかび)」、お彼岸の最終日を「彼岸の明け」と言います。お彼岸にはお墓詣りなどをするのが一般的ですが、これは、お彼岸の中日である春分(秋分)の日に、太陽が真東から登って真西に沈むことからきているそうです。

「彼岸」というのは「あちらの世界」のことで、「生死を越えた悟りの世界」のこと。一方、わたしたちがいるこの世界は「此岸」と言います。「彼岸」は西に、「此岸」は東にあると言われており、このため、「真東」と「真西」が結ばれる春分(秋分)の日に、先祖供養をするようになったと言われます。

また、春の種まき、秋の収穫などの農業の節目とも結びつき、祭事が広く行われるようになったという説もあります。お彼岸のお供えにする和菓子は、春は牡丹の花の季節が近いことから「ぼた餅」、秋は萩の花の季節であることから「おはぎ」と呼ばれます。

「お盆」には亡くなった方がそれぞれの家に帰って来ると言われ、それをお迎えしお送りするのがこの期間です。「お盆」については時期、風習などが、地域によって実にさまざまです。一般的な「お盆」の時期としては、八月十三日から十六日がその期間とされます。

十三日が「迎え盆」で、家族揃ってお墓参りに行き、故人をお迎えします。そして、盆提灯に火を入れて、玄関先では迎え火を焚き、霊を家にお迎えするのです。

十四、十五日には家にお坊さんを招いて読経をお願いします。そして十六日には送り火を焚き、故人の霊をまたお送りするのです。

お盆の時期には、盆提灯の用意をします。特に、亡くなって四十九日が過ぎてから初めて迎えるお盆を「新盆」と言いますが、その時には「新盆提灯」を用意することもあるそうです。

これは新盆の年一度限りに使用する提灯で、白木で作られたものが多いようです。新盆が終わると、各家で燃やしたり、菩提寺にお焚き上げをお願いします。以後は一般的な盆提灯を使い、これはお盆が終わると、きれいに片付けて、毎年使用します。

お盆の時期に、キュウリとナスに割り箸を刺して立てているのを見たことはありませんか?あれらは精霊馬(しょうりょううま)と呼ばれ、キュウリは馬、ナスは牛を模したものです。

馬は、お盆の時に、故人の霊が早く帰ってくるように一方で牛は、ゆっくりあの世に戻っていくように、また、お供え物をたくさん持って帰っれるようにとの意味があるそうです。少しでも長く家にいてもらいたい、家族の気持ちがこめられているのですね。

「お盆」が「盂蘭盆」から来ている言葉だというのは有名なようですが、この「盂蘭盆」とはサンスクリット語の「ウランバナ」が由来です。

「盂蘭盆経」というお経の中の、釈迦の弟子が、餓鬼道(地獄の一種)に落ちている母親に食べ物を送るために、七月十五日に僧侶に広く食事をふるまい、その功徳によって母親の口にも食べ物が入ったという話から、その日に先祖供養をすることになった、と言われています。


お金がないから帰省できないっていう社会人の方はカードローン利用を考えてみては?プロミスなら土日の申し込みも可能!