生まれてきた大切な赤ちゃんがすくすく育っていくように、願いをこめて、子供についての慣習やしきたりもいろいろあります。実は地域によっていろいろなしきたりがあって様々なのですが、ごく一般的なものをここでご紹介しましょう。

まずは、「お七夜」です。赤ちゃん誕生後七日目の夜にするお祝いのことで、この日に命名をすることが多いです。昔は誕生後すぐに赤ちゃんが亡くなってしまうことが多かったため、七日が過ぎればまずは安心ということで、お祝いをしたもののようです。

赤飯などの祝膳を整えて家族親族で食べ、命名書を飾ります。法律上は、命名は誕生後二週間以内に行うこととなっています。

次が「お宮参り」で、生まれて三十日前後に行うものとされています。地元の氏神様に初めて詣ることで、健やかに赤ちゃんが育つように祈願をします。

生後百日すると、「お食い初め」の儀式をします。赤ちゃんが一生食べ物に困らないようにということで、赤ちゃんに食べ物を食べさせる真似をし、家族や親戚で祝膳をいただきます。

子供の最初の誕生日である「初誕生日」には、それを祝っていろいろな行事や風習が日本各地で行われています。代表的なものに、赤ちゃんに餅を背負わせる「背負い餅」や、赤ちゃんに餅を踏ませる「餅踏み」などがあります。

これらに使われるのが「一升餅」で、「一升(一生)食べ物に困らないように」や「円満に長生きできるように」の願いがこもっています。

また、「選び取り」の儀式というものもあります。赤ちゃんの前に、そろばん、筆、お財布などを並べ、どれを選ぶかで赤ちゃんの才能や将来を占うというもの。最近では前に並べるものも、伝統的なものから、野球などのボールや辞書、調理用具などを並べるなどのアレンジも行われているようです。

また、初七日や初誕生日に、赤ちゃんの手形や足形を残しておくのも多く見られます。一生の記念になる、微笑ましい風習ですね。

少し長じると次は「七五三」の儀式が待っています。男女ともにあった、三歳での「髪置き(髪を延ばし始めること)、男子五歳での「袴着(初めて袴を身に着ける)」、女子七歳での「帯結び(初めて大人と同じ形の帯を身に着ける)」の儀式が七五三のもとになっています。

そのため、現在では、三歳で男女、五歳で男子、七歳で女子が晴れ着を着て神社にお参りをします。男子は五歳時の時だけという例もありますが、一方、男女ともに三回すべて行う場合もあるそうです。

この頃はあまり行われていない行事に「十三参り」があります。干支が一周した数えの十三歳に行うもので、特に女子に関しては、この年から一人前の娘として扱われる節目になっていたそうです。日取りは旧暦の三月十三日前後、現在では四月十三日の前後一ヶ月の期間に行います。

このお参りは、現在では、関東より関西で多く行われているようで、こちらは一般的にお寺に参ります。知恵の菩薩である虚空蔵菩薩に参るため、「知恵詣り」や「知恵詣で」とも呼ばれるようです。