子供のお祭りといえば、三月三日の「ひな祭り」と五月五日の「こどもの日(端午の節句)」ですよね。どちらも毎年さまざまなイベントなどが行われ、楽しくお祝いをされているようですが、これらは両方とも、ももともとは日本にあった「五節句」のうちのひとつなのです。

「ひな祭り」は以前は「上巳(じょうし)」の節句と呼ばれ、旧暦三月三日に行われていました。その自分にはちょうど桃の花が咲くため、「桃の節句」と呼ばれており、現在でもその名が受け継がれています。

「上巳の節句」は、昔は、貴族のこどもたちが、御所に似せた御殿や飾りつけなどで遊び、健康を祈願したり厄除けをはかったりしたものだそうです。それが武家に伝わり江戸時代には庶民の行事となりました。

厄除けの部分は、紙の小さな人形である「形代」に穢れを移してその「形代」を川や海に流すという行事となり、それが現在でも「流し雛」の風習として残っています。現在のようなひな人形のかたちが整ったのも江戸時代から。

ひな祭りに「白酒」を飲むことは江戸時代から広まったようですが、これは以前に、「上巳の節句」では、桃の花をひたしたお酒を飲んでいたことによるもののようです。

「端午の節句」も「五節句」のひとつです。こちらは「菖蒲の節句」とも呼ばれます。「端午の節句」には菖蒲を湯船に入れた「菖蒲湯」に浸かることも行事のひとつとなっています。

「菖蒲湯」に入ると、来る夏を元気に過ごすことができると言われていますが、薬草である菖蒲を入れたお風呂には薬効効果もあるため、お節句には身体にいい「菖蒲湯」に入るという習慣が根付いたものかもしれません。また、菖蒲湯のいい香りにも、心身に良い効果があることが確かめられています。

「桃の節句」も「端午の節句」も、昔は男女の別なく節句とされていたのですが、のちに、人形に関わる「桃の節句」は女の子のものとされ、「菖蒲」が「尚武」と同じ音であることから、「端午の節句」は男の子のものとされたようです。

「端午の節句」に鯉のぼりを立てるのは、鯉が滝をのぼりきり竜になることができたという故事「鯉の滝登り」にちなんだ、男の子の出世を願ったもの。この日に「柏餅」を食べるのは、柏の葉が、新らしい葉が育つまで古い葉が落ちないことから「家系が途絶えない」ことの象徴とされ、めでたがられたからだとか。

「菖蒲」を「尚武」にかけて男の子の節句としたのがもともと武士階級だったことを反映してか、「端午の節句」の風習は、武士階級の思想を反映したものが多いようですね。

「武者人形」や「鎧兜」を飾るのもその流れでしょう。昔は本当に、「鎧」や「兜」の実物を飾っていたようですが、実は虫干しも兼ねていたという説もあります。

現在の五月五日は「こどもの日」として、祝日としては男女の別のないものとして制定されています。「祝日法」によればこの日は「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」ことが趣旨であるそうです。

実際は「母に感謝する」日は、そのあとの五月の第二日曜(日本の場合)とされている「母の日」に持ち越されているように見受けられます。